太陽光発電のメリットとデメリット

■太陽光発電のメリットとデメリット
太陽光発電は、複数のメリットとデメリットを持っています。
これらを十分に把握した上で太陽光発電を利用するかどうかというのを検討してみましょう。

 

●太陽光発電のメリット
太陽光発電の最大のメリットというのはやはり電気代が安くなるということでしょう。
太陽光発電を導入する際には初期費用として幾らかのお金がかかりますが、一度設置してしまえば月々の電気代を安くすることができるため、トータルで見るとお得になるケースが多いです。
また、余った太陽光発電での電力というのは電機会社に売ることができるので、場合によっては月々の収入になることもあります。

 

次に挙げられるのが、特にメンテナンスなどを考えなくても良いということです。
太陽光発電システムというのはパネルの掃除をする必要もありませんし、配線などは業者がすべて行ってくれるので、特に何もしなくても大丈夫です。

 

そして、太陽光発電の最大のメリットともいえるのが省エネ問題に取り組むことができるということです。
自宅で自然のエネルギーで発電することができるので、1人あたりの省エネ効果は少ないといえども、多くの人が利用すればするほど省エネ効果が大きくなっていきます。

 

●太陽光発電のデメリット
メリットばかりの太陽光発電に思いますが、いくつかのデメリットも存在しています。
最大のデメリットとして挙げられるの化、条件によって発電量が大きく変わってくるということです。
基本的に対応が出ている間しか発電することが出来ないので、曇りが多い日などは発電量が下がってしまいます。
また地域によって日照時間が大きく異なってくるので地域差というのも太陽光発電のデメリットの一つとして挙げることができるでしょう。